フォルティスの修理、オーバーホール例 実際に手がけた修理例を掲載しています。 詳しくは、修理無料見積依頼フォームよりお問合せください。

チュチマ ミリタリークロノグラフ
(購入後使用年数:10年、前回手入れ時期:1~3年前)

症状

購入後、2回オーバーホールをしています。代理店経由です。最近朝止まる事が多くなり、
朝巻くことが多くなりました。ゼンマイを巻く感じが少し変化し違和感があります。
前回オーバーホールしたときから、揺らしたときの自動巻の動きが不安定に感じます
(購入したときとより、揺れが大きい)。

5305

5162

5163

5164

5165

5304_2

原因と修理方針

裏蓋、ケース裏が全体に錆が回っておりました。 また、構造上仕方ないのですがプッシュボタン内部にホコリ、皮脂が溜まっておりました。

リューズは前回交換したそうですが、今回は、ネジ込みのスプリング部の磨耗により、 手巻き時にスリップしてしまう症状が時々見られました。


ムーブメントの油切れやパーツの磨耗もみられ、精度も遅れが見られました。 リューズ交換に関しましては、当社でオーバーホール後にメーカーへ部分修理扱いで依頼いたします。 その際の送料等は当社が負担いたします。









■修理料金

オーバーホール ¥38,000
内装磨耗部品 ¥1,500
リューズ交換技術料 ¥3,000
ねじ込みリューズ ¥5,000

合計 ¥47,500

チュチマ修理見積もり依頼はこちら
見積もりから修理完了までのフローはこちら

チュチマ コマンド2 ミリタリー クロノグラフ
(購入後使用年数:不明、前回手入れ時期:4年以上前)

症状

不具合は得にありませんが、油が切れた感じで時間が遅れ気味です。

4175

4174

原因と修理方針

ご購入から4年以上が経過し、定期オーバーホールをご検討とのことですが、 やや油切れかけの傾向が見られました。

■修理料金

オーバーホール ¥38,000
内装磨耗部品(パッキン、クリックバネ) ¥2,000

合計:¥40,000

チュチマ修理見積もり依頼はこちら
見積もりから修理完了までのフローはこちら

チュチマ フリーガークロノグラフ
(購入後使用年数:中古で購入後1週間、前回手入れ時期:不明)

症状

時計のムーブメントの不具合はありません。 通常のオーバーホールです。 ステンレルのブレスのクラスプ(バタフライ型のバックル)部分の、ロックが弱くなっているので、部品交換を希望します。

6896

6895

原因と修理方針

拝見しましたところ、3姿勢でそれぞれ11秒から19秒の遅れが見られました。 時期的にムーブメントの油切れやパーツの磨耗が考えられます。

クラスプですが極端に緩いという印象は受けませんでした。本来調整はクラスプのカーブを曲げたり伸ばしたりするのですが、片側は何かで叩いて変形した形跡が見られました。 下記公式サイトにあるブレスのいずれかであればメーカーに部分修理で依頼します。 http://www.tutima.jp/accessories.html

正規の保証書があればメーカー交換技術料の割り引きが受けられるかと思われます。

■修理料金

オーバーホール ¥38,000
内装摩耗部品(切替車) ¥3,000
クラスプ ¥25,000
メーカー交換技術料(保証書なし) ¥7,000

合計 ¥73,000

チュチマ修理見積もり依頼はこちら
見積もりから修理完了までのフローはこちら
 
Chronoagent.com 2006-2013 - All Rights Reserved